• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

should 

ランダムハウス英和大辞典


音節
should
発音
ʃúd;((弱)) ʃəd
shouldの慣用句
as it should be, be no better than one should be, I should do 全7件
[助動詞] shall の過去形.

    ◆発音上の強形・弱形の別,ならびに語形変化については shall を参照.

  1. 1 ((すべての人称で))(◆強形で発音される)
  2. (1)((義務)) …しなくてはならない;((当然)) …すべきである;((勧告)) …することが望ましい,できる限り…するものとする(◆must,ought to,should の順に意味が弱くなる)⇒MUST【類語】
    • You should not do that.
    • そういうことはしてはいけない
  3. (2)((期待・可能性・推量)) …のはずである,きっと…だろう

    ◆論理的必然には should も must も用いられるが,should と違い must は不確定要素を含む未来の推論に用いることはできない. 上例の should be raining は*must be raining とはできない

語法
He should drive home now.(彼は車でもう帰宅すべきだ)は,これからなされるべき義務に言及しているのに対し,He should be driving home now.(彼はもう車で帰宅の途についているにちがいない)は,現在進行中であると考えられる事柄に対する推論を示す.
  1. 2 ((すべての人称で)) ((have+過去分詞を伴って過去の行為・状態に対する非難・後悔を表す))(◆強形で発音される)…すべきだった,…であるべきだった,…したほうがよかった,…だったらよかった(のに)
    • I shouldn't have trusted that woman.
    • あの女を信用すべきではなかった
    • Should I have gone to the party yesterday?
    • 私は昨日パーティーに(実際行ったのだが)行くべきだったんだろうか.
語法
(1)should have+過去分詞が過去の事柄に対する非難ではなく義務の完了を示すことがある
(2)また should have+過去分詞が過去の事柄に対する推量を示すことがある
  • She should have passed the examination.
  • 彼女は試験に合格したと思いますよ(◆「彼女はその試験に合格しているべきであったのに合格しなかった」という意味にもなる).
  1. 3 ((従節における時制の一致)) ((過去の時点から見た未来で直接話法の shall を引き継いで)) …であろう
    • I promised I should be back before 5 o'clock.
    • (<“I shall be back ....”)私は5時前に戻ってくると約束した
    • He asked me if he should call a taxi.
    • (<“Shall I call a taxi?”)彼はタクシーを呼びましょうかと私に尋ねた.

    ◆((米)) ではすべての人称で would を用いる. cf. SHALL 1(3)WOULD1 1.

  2. 4 ((how,why などの後に用いて)) ((不可解・いらだちを表す)) (一体)どうして…;((who [what] should but ... の形で)) ((過去の出来事に対する意外さ・驚きを表す)) 驚いたことに[なんと]…(◆強形で発音される)
    • Why shouldn't I buy a new suit?
    • どうして新しいスーツを買ってはいけないのだ
  3. 5 ((話)) ((通例 should worry の形で)) ((反語・戯言)) (気遣う)必要があろうか
  4. 6 ((仮定条件に対する帰結節で)) ((一人称)) …するであろうに;((二・三人称)) …させるのだが(◆まれな用法で((英)));((should have+過去分詞)) …していたであろうに,させてやっただろうに

    ◆((米)) では通例 would を用い,((英話)) でもこの傾向が見られる. cf. WOULD1 5.

  5. 7 ((一人称主語で,仮定条件を言外に含んだ帰結)) ((丁寧・婉曲)) (もし私なら)…だろう,私(たち)としては…するだろうが
    • I shouldn't bother to make a copy of these.
    • 私ならこれらをわざわざコピーにとるようなことはしませんが
    • I should refuse a bribe.
    • 私なら賄賂わいろを断るね(◆助言を表す)
    • We shouldn't want to be a nuisance.
    • 私たちはご迷惑をおかけしたくはないのですが

    ◆((米)) ((英話)) では should の代わりに would を用いることが多い. cf. WOULD1 7.

  6. 8 ((すべての人称で)) ((条件・譲歩節に用いて強い仮定を表す)) (◆強形で発音される)万一にも…,たとえ…(◆帰結文は直説法でも仮定法でもよい)
  7. 9 ((すべての人称で)) ((副詞節において,仮定法または仮定法相当語句を導く))
  8. (1)((時の副詞節))
  9. (2)((目的を表す副詞節))

    ◆so that の後では should の代わりに might,could,((主に米)) would を,in order that のあとでは might を用いるほうが多い

    • She talked in whispers for fear (that) [or ((文語)) lest] she should be heard.
    • 彼女は人に聞かれないように小声で話した(◆lest 構文の場合,特に((米)) では should を省略し原形[仮定法現在]を用いる).
  10. 10 ((文語)) ((形容詞[関係詞]節において,仮定法(相当語句)を導く))
  11. 11 ((that 節において,仮定法または仮定法相当語句を導く))
  12. (1)((驚き・意外・遺憾・善悪[当否]の主観的判断などを表す主節の後に))

    should に代えて直説法や((米)) では原形仮定法現在も用いられる

  13. (2)((英)) ((提案・勧告・要求・主張・意図・決定・決心・命令・規定などを表す主節のあとに))

    ◆((米)) では should を省き,原形仮定法現在を用いる. 現在では((英)) でもこの傾向が見られる. くだけた言い方では直説法も用いられる.that と should が共に落ちた型もある

shouldの慣用句

  1. as it should be
    • ((米俗)) 立派で
  1. be no better than one should be
  1. I should do
    • ((話)) 私なら…しますね,…したほうがいい(◆忠告・助言を表し,言外に if I were you などの意味が含まれる)
      • I should get a flu shot.
      • 私なら流感の予防注射を打ってもらうね.⇒7.
  1. I should have thought
    • ((主に英文語)) ((驚き・当惑を表して)) …だと(てっきり)思ってたよ
      • “Fifty?”“I should have thought he was older.”
      • 「50歳だって」「てっきりもっと年がいってると思ってたよ」.
  1. I should think so [not]!
    • 当然そうでしょう[そういうことはないでしょう]
  1. should have stood in bed
    • ((米俗)) こんなことなら寝ていればよかった;とんでもない失敗[時間の無駄]だった.
  1. should like ...
語源
中期英語 sholde,古期英語 sc(e)olde;SHALL