い‐ろう〔ヰ‐〕【遺漏】 例文一覧 8件

  1. ・・・ 但し富岡老人に話されるには余程よき機会を見て貰いたい、無暗に急ぐと却て失敗する、この辺は貴所に於て決して遺漏はないと信ずるが、元来老先生といえども人並の性情を有っておるから了解ることは能く了解る人である。ただその資質に一点我慢強いとこ・・・<国木田独歩「富岡先生」 青空文庫>
  2. ・・・その他曰く何、曰く何と相接触して居る関係点は非常に沢山あることでござりまするから、それらをいちいち遺漏無く申上げる事は甚だ困難の事で、かつまた一席の御話には不適当な事でございますから、ただ今はただ馬琴の小説中に現われて居りまする人物と当時の・・・<幸田露伴「馬琴の小説とその当時の実社会」 青空文庫>
  3. ・・・ 現在既知の科学的知識を少しの遺漏もなく知悉するという事が実際に言葉通りに可能であるかどうか。おそらくこれは六かしい事であろう。しかし特殊の題目について重なる学術国の重なる研究者の研究の結果を up to date に調べ上げて、その題・・・<寺田寅彦「科学上における権威の価値と弊害」 青空文庫>
  4. ・・・もちろん当局でもそのへんに遺漏のあるはずはないが、しかし一般世間ではどうかすると誤った責任観念からいろいろの災難事故の真因が抹殺され、そのおかげで表面上の責任者は出ない代わりに、同じ原因による事故の犠牲者が跡を絶たないということが珍しくない・・・<寺田寅彦「災難雑考」 青空文庫>
  5. ・・・しかしながら実際の自然現象を予報せんとする場合に、この現象を定むべき主要条件を遺漏なく分析する事は必ずしも容易ならず。故に各種原因の重要の度を比較して、影響の些少なるものを度外視し、いわゆる「近似」を求むるを常とす。しかしてこれら原因の取捨・・・<寺田寅彦「自然現象の予報」 青空文庫>
  6. ・・・実はこういうように原稿紙へノートが取ってありますから、時々これを見ながら進行すれば順序もよく整い遺漏も少なく、大変都合が好いのですけれども、そんな手温い事をしていてはとても諸君がおとなしく聴いていて下さるまいと思うから、ところどころ――では・・・<夏目漱石「文芸と道徳」 青空文庫>
  7. ・・・ (我が輩かつていえらく、打候聴候は察病にもっとも大切なるものなれども、医師の聴機穎敏ならずして必ず遺漏あるべきなれば、この法を研究するには、盲人の音学に精 ひとり医学のみならず、理学なり、また文学なり、学者をして閑を得せしめ、また・・・<福沢諭吉「学問の独立」 青空文庫>
  8. ・・・ この大部な第一巻だけを見ても、内容の精密さ、遺漏なきを期せられている周到さがはっきりわかるのであるが、同時に、頁毎にくりひろげられるこの偉大な人間及芸術家の生活現象に密林はおそろしいほど鬱蒼としているものだから、そのディテールの中で迷・・・<宮本百合子「『トルストーイ伝』」 青空文庫>

「い‐ろう〔ヰ‐〕【遺漏】」の前の言葉