あべ‐こべ

1~30 / 全30件
・・・ 譚はふだんのおしゃべりにも似ず、悠々と巻煙草に火をつけてから、あべこべに僕に問い返した。「きのう僕はそう言ったね、――あの桟橋の前の空き地で五人ばかり土匪の首を斬ったって?」「うん、それは覚えている。」「その仲間の頭目は黄・・・<芥川竜之介「湖南の扇」青空文庫>
・・・と、あべこべに医者をやりこめるのです。 さて明くる日になると約束通り、田舎者の権助は番頭と一しょにやって来ました。今日はさすがに権助も、初の御目見えだと思ったせいか、紋附の羽織を着ていますが、見た所はただの百姓と少しも違った容子はありま・・・<芥川竜之介「仙人」青空文庫>
・・・君はデカルトが船の中で泥棒に遇った話を知っているかと、自分でも訳のわからない事をえらそうにしゃべったら、そんな事は知らないさと、あべこべに軽蔑された。大方僕が熱に浮かされているとでも思ったのだろう。このあとで僕の写真を見せたら、一体君の顔は・・・<芥川竜之介「田端日記」青空文庫>
・・・ところが烈しい格闘の末、あべこべに海へ抛りこまれた。守衛は濡れ鼠になりながら、やっと岸へ這い上った。が、勿論盗人の舟はその間にもう沖の闇へ姿を隠していたのである。「大浦と云う守衛ですがね。莫迦莫迦しい目に遇ったですよ。」 武官はパン・・・<芥川竜之介「保吉の手帳から」青空文庫>
・・・なあ、お香、いつぞや巡査がおまえをくれろと申し込んで来たときに、おれさえアイと合点すりゃ、あべこべに人をうらやましがらせてやられるところよ。しかもおまえが(生命という男だもの、どんなにおめでたかったかもしれやアしない。しかしどうもそれ随意に・・・<泉鏡花「夜行巡査」青空文庫>
・・・「何だか、あべこべのような挨拶だな。」「いんね、全くいい事をなさせえました。」「いい事をなさいましたじゃないわ、おいたわしいじゃないの、女さんがさ。」「ご新姐、それがね、いや、この、からげ縄、畜生。」 そこで、踞んで、毛・・・<泉鏡花「縷紅新草」青空文庫>
・・・予はお繁さんと岡村とあべこべなら面白いがな、惜しい事じゃと考えたのであった。 予は寝られないままに、当時の記憶を一々頭から呼び起して考える。其を思うとお繁さんの居ない今日、岡村に薄遇されたのに少しも無理はない。予も腹のどん底を白状すると・・・<伊藤左千夫「浜菊」青空文庫>
・・・ところが私の精進はまたあべこべで世間と現実とを知っていくところにあった。そして『恥以上』という戯曲にまでそれが発展したのだ。これは私のエレメントである同じ宗教的情操の、世間にもまれた後の変容であって、私は『出家とその弟子』よりも進んでいると・・・<倉田百三「『出家とその弟子』の追憶」青空文庫>
・・・と、客と船頭が言うことがあべこべになりまして、吉は自分の思う方へ船をやりました。 吉は全敗に終らせたくない意地から、舟を今日までかかったことのない場処へ持って行って、「かし」を決めるのに慎重な態度を取りながら、やがて、 「旦那、・・・<幸田露伴「幻談」青空文庫>
・・・と鞠子は甘えた。 この光景を笑って眺めていた高瀬は自分の方へ来た鞠子に言った。「これ、悪戯しちゃ不可よ」「馬鹿、やい」と鞠子はあべこべに父を嘲った。――これが極く尋常なような調子で。 高瀬は歎息して奥へ行った。お島が茶を入れ・・・<島崎藤村「岩石の間」青空文庫>
・・・という事であった。それに対しても吾々若いものは皆激しい意気込を持っていたから、北村君などは「どうも世間の奴等は不健全で可かん」とあべこべに健全を以て任ずる人達を、罵るほどの意気で立っていた。北村君が最初の自殺を企てる前、病いにある床の上に震・・・<島崎藤村「北村透谷の短き一生」青空文庫>
・・・向うで人に憐を乞うようなものに、あべこべにこっちから憐を乞おうとしたとは。さて老人はその場に立っていながら、忽ち体を背後へ向けた。それは自分の顔に表れる感情の闘を青年に見せまいとしたのである。「ええ、この若い男の胸の苦しいのは、自分の胸の苦・・・<著:シュミットボンウィルヘルム 訳:森鴎外「鴉」青空文庫>
・・・あなたはあべこべの方へ来たんですわ。」といいました。「いらっしゃい。こっちへ来ると見えるのよ。」と、女の子はお家のそばの、すこしたかいところへ男の子をつれていきました。そして、金の窓は見えるときがきまっているのだといいました。男の子は、・・・<鈴木三重吉「岡の家」青空文庫>
・・・それでは方角があべこべだ。朝鮮。まさか、とあわてて打ち消した。滅茶滅茶になった。能登半島。それかも知れぬと思った時に、背後の船室は、ざわめきはじめた。「さあ、もう見えて来ました。」という言葉が、私の耳にはいった。 私は、うんざりした・・・<太宰治「佐渡」青空文庫>
・・・理したくて、まだ空襲警報が解除されていないのに、油紙を切って、こわれた跡に張りつけましたが、汚い裏側のほうを外に向け、きれいなほうを内に向けて張ったので、妻は顔をしかめて、あたしがあとで致しますのに、あべこべですよ、それは、と言いました。私・・・<太宰治「春」青空文庫>
・・・ところが、それはあべこべで、地味な普段着も何も焼いてしまって、こんな十六、七の頃に着た着物しか残っていないので、仕方なく着ているのだわ。お金だって、そのとおり、同じことよ。あたしたちには、もう何も無いのよ。いいえ、兄はあんな真面目くさった性・・・<太宰治「春の枯葉」青空文庫>
・・・純朴な田舎の人たちに都会の成金どもがやたらに札びらを切って見せて堕落させたなんて言うけれども、それは、あべこべでしょう。都会から疎開して来た人はたいてい焼け出されの組で、それはもう焼かれてみなければわからないもので、ずいぶんの損害を受けてい・・・<太宰治「やんぬる哉」青空文庫>
・・・ 引き越したホテルはベルリン市のまるであべこべの方角にある。宿帳へは偽名をして附けた。なんでもホテルではおれを探偵だと思ったらしい。出入をするたびに、ホテルの外に立っている巡査が敬礼をする。 翌日は休日である。議会は休みのはずである・・・<著:ディモフオシップ 訳:森鴎外「襟」青空文庫>
・・・科学の目的といえばもともと自然から学ぶということよりほかには何物もないはずであるのに、いつのまにかこの事を忘れ思い上がった末には、あべこべに人間が自然を教えでもするもののような錯覚を起こす。これもおもしろい現象である。こういう思い違いをする・・・<寺田寅彦「沓掛より」青空文庫>
・・・一人の哲学者が一言二言いったというだけで人間全体が別種の存在に変わって人間界の方則があべこべになるということは想像ができない。 ついでながら、揺れる電車やバスの中で立っているときの心得は、ひざの関節も足首の関節も柔らかく自由にして、そう・・・<寺田寅彦「「手首」の問題」青空文庫>
・・・「どうして、あべこべにお婆さんが出す方や。庄ちゃんが困っていると、そんなら私のお金が少しあるさかえ、あれ使うことや、といったようなもんや」 お絹の口ぶりによると、弟娵がいつでも問題になるらしかった。そしてそれを言うのはお絹だった。弟・・・<徳田秋声「挿話」青空文庫>
・・・そこで私はすべての印象を反対に、磁石のあべこべの地位で眺め、上下四方前後左右の逆転した、第四次元の別の宇宙を見たのであった。つまり通俗の常識で解説すれば、私はいわゆる「狐に化かされた」のであった。     3 私の物語は此所・・・<萩原朔太郎「猫町」青空文庫>
・・・ セコンドメイトは、デッキの上と橋板の上とでは、レコードの両面見たいに、あべこべの事を云い始めた。詰らない事を云って、自分が疳癪玉の目標になっては、浮ばれないと思いついたのだ。「セキメイツ。長いものが、長いものの癖をして、巻かねえん・・・<葉山嘉樹「浚渫船」青空文庫>
・・・それよりも自分に注意を与えるその宗教家などの様子を見ると、かえって何だか不安心なような顔付が見えて居て、あべこべに此方から安心立命の法を教えてでもやりたいと思うのがある。これらは皆死を恐れて居るのである。しかしかくいえばとて自分は全く死を恐・・・<正岡子規「病牀苦語」青空文庫>
・・・川のあべこべの方から林の司のペーンがみどり色のビロードの着物に銀の飾りのついた刀をさして来る。シリンクスの涙をこぼして居る様子を見てサッとかおを赤くする。それから刀の音をおさえてつまさきで歩いて精女のわきによる。やさしげな又おだやかなものし・・・<宮本百合子「葦笛(一幕)」青空文庫>
・・・しおらしくみどりの糸をたれる柳、まして三十三間堂のお柳と同じ名で自分の心とはまるであべこべだと云っていやがったのだ。「女は柔(しい名の方がどれだけいいんだか…… 私の若い頃は名のあんまりすごい女はいやがられたもんだ……」 母親が・・・<宮本百合子「お女郎蜘蛛」青空文庫>
・・・私が大変赤い着物を着て松茸がりに山に行った、香り高い茸がゾクゾクと出て居るので段々彼方ちへ彼方へと行くと小川に松の木の橋がかかって居た、私が渡り終えてフット振向とそれは大蛇でノタノタと草をないで私とはあべこべの方へ這って行く、――私はびっく・・・<宮本百合子「悲しめる心」青空文庫>
・・・「貴方って云う方は妙な御方だ事、私の云う事で私はこんな事はと思ってムカムカして云う口調を貴方はよろこんで居らっしゃる、だから、まるで私の嬉しがる事とあべこべの事をよろこんで居らっしゃるんですネ」「世の中の苦労を、かみしめたものは、御・・・<宮本百合子「砂丘」青空文庫>
・・・電車をおりるとすぐ彼は私とあべこべの方へ行ってらした。そうして私に袖を引っぱられて変な顔をして又私の後についた。電車の線路をよこぎる時に彼はあんまりあわてたので職人にぶつかって眼をあいてあるけとどなられて大きい目を一層大きくした。そして「東・・・<宮本百合子「心配」青空文庫>
・・・ 私はあべこべにききかえした。「エ、母さんがやかましゅう云うてさげておきゃはるの、かおりをつめてなも」 御仙さんはこれだけ云ってまただまってしまった。二人は机の前にならんで坐って私の御秘蔵の本の差画や錦絵を見せた。ほそい細工もの・・・<宮本百合子「つぼみ」青空文庫>
  • ソーシャルブックマークに追加:
  • gooブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • livedoorクリップに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加

間違いやすい英語ワンポイントレッスン

"he raises at 5:00 every day"

このフレーズの間違いは?
世界の名言・格言 世界の名言・格言
キェルケゴール   名言一覧 | Wiki
人生は解のある問題ではなく、経験の積み続く現実です。
gooのお知らせ
おもいやり食堂gooヘルスケア「おもいやり食堂」低カロリーなホタテに食物繊維豊富な根菜をたっぷり使った、食べ応えのあるヘルシーメニュー!
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
SIM入門スマホをお得に!SIMフリー端末、格安SIM情報あなたのスマホライフに使える、役立つ、得する情報をお届けします
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
パピレスgoo電子書籍キャンペーン期間中、毎月先着10万名の新規入会者様に、100円分のチケットもしくはポイントをプレゼント!
gooサービス
不動産   賃貸   天気   郵便番号   中古車   中古バイク   講座   求人   アルバイト   マネー   保険   ホテル予約   旅行   電話帳   ビジネスコラム   プレスリリース   エコ   飲食店   レシピ   恋愛占い   無料占い   音楽   歌詞   映画   懸賞