ざん‐き【××愧/××愧】

1~19 / 全19件
・・・省作は到底春の人である。慚愧不安の境涯にあってもなお悠々迫らぬ趣がある。省作は泣いても春雨の曇りであって雪気の時雨ではない。 いやなことを言われて深田の家を出る時は、なんのという気で大手を振って帰ってきた省作も、家に来てみると、家の人た・・・<伊藤左千夫「春の潮」青空文庫>
・・・ 僕は独り机に向い、最も不愉快な思いがして、そぞろ慚愧の情に咽びそうになったが、全くこの始末をつけてしまうまでは、友人をも訪わず、父の家にも行くまいと決心した。 全く放棄されたこの家はただ僕一人の奮励いかんにあるのだが、第一に胸に浮・・・<岩野泡鳴「耽溺」青空文庫>
・・・わず病蓐の上に苦しみいたまえるには、いよいよ心も心ならず驚き悲しみ、弟妹等の生長せるばかりにはやや嬉しき心地すれど、いたずらに齢のみ長じてよからぬことのみし出したる我が、今もなお往時ながらの阿蒙なるに慚愧の情身を責むれば、他を見るにつけこれ・・・<幸田露伴「突貫紀行」青空文庫>
・・・平気で居られぬのである。慚愧、後悔の念に文字どおり転輾する。それなら、酒を止せばいいのに、やはり、友人の顔を見ると、変にもう興奮して、おびえるような震えを全身に覚えて、酒でも呑まなければ、助からなくなるのである。やっかいなことであると思って・・・<太宰治「酒ぎらい」青空文庫>
・・・ 私が慚愧している事を信じて下さい。私は悪い男ではありません。 私はいまペンを置いて「その火絶やすな」という歌を、この学校に一つしかない小さいオルガンで歌いたいと思います。敬具―― ところどころ私が勝手に省略したけれど、以上・・・<太宰治「新郎」青空文庫>
・・・明日、なんとかして、ほんとにお金こしらえるつもり。慚愧、うちに居ること不能ゆえ、海へ散歩にいって来ます。承知とならば、玄関の電燈ともして置いて下さい。」 家人は、薬品に嫉妬していた。家人の実感に聞けば、二十年くらいまえに愛撫されたこ・・・<太宰治「創生記」青空文庫>
・・・けれども、その慚愧の念さえ次第にうすらぎ、この温泉地へ来て、一週間目ぐらいには、もう私はまったくのんきな湯治客になり切っていた。新進作家としての私へのもてなしが、わるくなかったからである。私の部屋へ来る女中の大半は、私に、「書けますでしょう・・・<太宰治「断崖の錯覚」青空文庫>
・・・もはや、肉体の為では無くて、自分の慚愧、焦躁を消す為に、医者に求めるようになっていたのである。私には侘しさを怺える力が無かった。船橋に移ってからは町の医院に行き、自分の不眠と中毒症状を訴えて、その薬品を強要した。のちには、その気の弱い町医者・・・<太宰治「東京八景」青空文庫>
・・・下品の極なり。慚愧に堪えず。十三、わが家に旧き道具の一つも無きは、われに売却の悪癖あるが故なり。蔵書の売却の如きは最も頻繁なり。少しでも佳き値に売りたく、そのねばる事、われながら浅まし。物慾皆無にして、諸道具への愛着の念を断ち切り涼しく・・・<太宰治「花吹雪」青空文庫>
・・・ことによると、自分の中にもどこかに隠れているらしい日本人固有の一番みじめな弱点を曝露されるような気がして暗闇の中に慚愧と羞恥の冷汗を流した。         十三 健康な人には病気になる心配があるが、病人には恢復するという楽・・・<寺田寅彦「KからQまで」青空文庫>
・・・わたくしはそのいずれを思返しても決して慚愧と悔恨とを感ずるようなことはない。さびしいのも好かったし、賑なのもまたわるくはなかった。涙の夜も忘れがたく、笑の日もまた忘れがたいのである。 大久保に住んでいたころである。その頃家にいたお房とい・・・<永井荷風「西瓜」青空文庫>
・・・はなはだ遅まきの話で慚愧の至でありますけれども、事実だから偽らないところを申し上げるのです。 私はそれから文芸に対する自己の立脚地を堅めるため、堅めるというより新らしく建設するために、文芸とは全く縁のない書物を読み始めました。一口でいう・・・<夏目漱石「私の個人主義」青空文庫>
・・・我輩は右の話を聞て余処の事とは思わず、新日本の一大汚点を摘発せられて慚愧恰も市朝に鞭たるゝが如し。条約改正、内地雑居も僅に数箇月の内に在り、尚お此まゝにして国の体面を維持せんとするか、其厚顔唯驚く可きのみ。抑も東洋西洋等しく人間世界なるに、・・・<福沢諭吉「女大学評論」青空文庫>
・・・醜を恣にするにあらざれば同類一場の交際を開き、豪遊と名づけ愉快と称し、沈湎冒色勝手次第に飛揚して得々たるも、不幸にして君子の耳目に触るるときは、疵持つ身の忽ち萎縮して顔色を失い、人の後に瞠若として卑屈慚愧の状を呈すること、日光に当てられたる・・・<福沢諭吉「日本男子論」青空文庫>
・・・るときは、同時に自から省みて聊か不愉快を感ずるもまた人生の至情に免かるべからざるところなれば、その心事を推察するに、時としては目下の富貴に安んじて安楽豪奢余念なき折柄、また時としては旧時の惨状を懐うて慙愧の念を催おし、一喜一憂一哀一楽、来往・・・<福沢諭吉「瘠我慢の説」青空文庫>
・・・どんな慙愧の念をもって、昨年十月初旬、治維法の撤廃された事実を見、初めて公表された日本支配権力の兇暴に面をうたれたことだろう。 民主的な社会生活の根本には、人権の尊重という基底が横わっている。人権尊重ということは、正当な思想を抑圧して小・・・<宮本百合子「今日の生命」青空文庫>
・・・作家としての目の皮相さについて、慙愧に耐えないのが本当です。自分としての動機が純であればあるほど、この打撃は痛切なはずです。そこにこそ、その作家にとって昨日はなかった今日および明日の芸術のテーマが与えられているわけです。作家として意欲するに・・・<宮本百合子「一九四六年の文壇」青空文庫>
・・・若し正直な人達であれば慙愧に堪えないでしょう。ああいう風にして立派な人を死なせたその力はわれわれを堕落させて碌な評論も書けない人間にしてしまったと反省するでしょう。しかし、そういう人達はそれを申しません。民主的な人間の生き方は、治安維持法が・・・<宮本百合子「婦人の創造力」青空文庫>
・・・能面に対してこれほど盲目であったことはまことに慚愧に堪えない次第であるが、しかしそういう感じ方にも意味はあるのである。自分はあの時、伎楽面の美しさがはっきり見えるように眼鏡の度を合わせておいて、そのままの眼鏡で能面を見たのであった。従って自・・・<和辻哲郎「能面の様式」青空文庫>

「ざん‐き【××愧/××愧】」の前の言葉

「ざん‐き【××愧/××愧】」の後の言葉

  • ソーシャルブックマークに追加:
  • gooブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • livedoorクリップに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加

間違いやすい英語ワンポイントレッスン

"I have ever been to Canada."

このフレーズの間違いは?
世界の名言・格言 世界の名言・格言
アインシュタイン   名言一覧 | Wiki
賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。
gooのお知らせ
おもいやり食堂gooヘルスケア「おもいやり食堂」「牛肉ときのこの塩麹和え」。主菜は油を使わない調理法で。さっぱりとヘルシーに、旨みを引き立てる調味料でおいしく…
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
SIM入門スマホをお得に!SIMフリー端末、格安SIM情報あなたのスマホライフに使える、役立つ、得する情報をお届けします
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
パピレスgoo電子書籍キャンペーン期間中、毎月先着10万名の新規入会者様に、100円分のチケットもしくはポイントをプレゼント!
gooサービス
不動産   賃貸   天気   郵便番号   中古車   中古バイク   講座   求人   アルバイト   マネー   保険   ホテル予約   旅行   電話帳   ビジネスコラム   プレスリリース   エコ   飲食店   レシピ   恋愛占い   無料占い   音楽   歌詞   映画   懸賞