国語辞書 - 大辞泉

凡例

見出しの配列

  1. 1.見出しは、五十音順に配列した。一字目が同じものは二字目のかなの五十音順とし、以下も同様に扱った。長音符号「ー」は、直前のかなの母音と同じとして扱った。
  2. 2.同じかなのときは、以下の基準を設けて配列した。
    (1)清音・濁音・半濁音の順。

    ハートハードバードパート

    (2)拗音・促音は、直音の前。

    ひょう【表】ひ‐よう【費用
    はっ‐か【薄荷】はつ‐か【二日】

    (3)品詞の順。すなわち、

    名詞→代名詞→動詞→形容詞→形容動詞→ト・タル→連体詞→副詞→接続詞→感動詞→助動詞→助詞→接頭語→接尾語→語素→連語→枕詞 の順。

    (4)和語・漢語・外来語の順。

    めい【×姪】めい【銘】メイ【May】

    (5)漢字表記のあるときは、ア.漢字の字数の少ないものが前、イ.一字目の漢字の画数の少ないものが前、一字目の画数が同じときは二字目以下の画数による。

    か‐しょう【火傷】か‐しょう【仮称】か‐しょう【仮象】

    (6)外来語で同じかたかなの見出しのときは、原語の綴りのアルファベット順。
    コード【code】コード【cord】