類語辞書 - 使い方の分かる 類語例解辞典

凡例

全体の構成と分類・配列について

  1. 1.この辞典は、意味の似ている類語を一括した複数の言葉からなる類語グループが、解説の単位となっている。類語グループは全部で六千あり、のべ約二万五千の言葉を包含している。
  2. 2.類語グループは、人間に関するものから、人間の動作、性質、生活、外界の事物、自然の事象にいたるまでの、一〇の大分類、さらにこれらの大分類をそれぞれ二〇ずつに分けた中分類と、計二〇〇の分類の枠の中におさめられている。枠の中での類語グループは、近い意味をもつグループが隣り合うように配列した。→分類一覧参照
  3. 3.大分類、中分類、類語グループと段階を追った分類をコード化した数字を、各類語グループに付与した。 分類コードは、五桁の数字から成り、それぞれの数字の表わす意味は、以下の通りである。

    (1)一桁目の0~9の数字…大分類
    (2)二・三桁目の01~20の数字…中分類
    (3)ハイフン(-)以下の二桁の数字…グループの番号

    なお、助詞・助動詞およびその複合形のグループに関しては、999という上位分類コードと下位のグループ番号とを付けて、一括して示した。→助詞・助動詞の解説