• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

し‐ほう〔‐ハウ〕【四方】 の意味

  1. 四つの方角。東西南北の方角。
  1. 周囲。「四方から救いの手がさしのべられた」「五里四方」
  1. 諸地方。諸国。天下。「四方を治める」
  1. 正方形の各辺。「一センチ四方」
  1. 四角。かくがた。
  1. 四すみにくり形の穴のある、物をのせる台。
  1. 近世、正方形の指物 (さしもの) 

し‐ほう〔‐ハウ〕【四方】の慣用句

  1. しほうがみ【四方髪】
    • 《髪を四方からかき上げて束ねるところから》総髪の異称。
  1. しほうごし【四方輿】
  1. しほうざし【四方差(し)】
    • 柱の四方から貫(ぬき)などを差し通して軸組を固めるもの。
  1. しほうしぶつ【四方四仏】
  1. しほうしょうめん【四方正面】
    • 東西南北の四方と自分が向かっている正面。四方八方。
    • 四方のどこから見ても正面として見えること。また、そのような建築物や彫刻など。
    • 能で、普通は舞台の前面を正面として舞うのに対して、前後左右の四方を正面として舞うこと。
  1. しほうじろ【四方白】
    • (かぶと)の飾りの名。前後左右に白鑞(しろめ)または銀を張ったもの。
  1. しほうだな【四方棚】
  1. しほうちく【四方竹】
    • イネ科の竹。高さ5~6メートル。茎はやや丸みのある四角柱で、根元の節からとげ状の気根を出す。中国の原産で、暖かい地方で観賞用に栽培。方竹。四角竹。
  1. しほうどり【四方取り】
    • 四方がみな平地で、敵の攻撃しやすい城。
  1. しほうながれ【四方流れ】
    • 四方に傾斜している屋根。方形(ほうぎょう)造り・寄せ棟造りなどの屋根の類。
  1. しほうぬき【四方貫】
    • 四方差しの一。柱の四方に同じ大きさの貫を通す方法。
  1. しほうはい【四方拝】
    • 《近世は「しほうばい」とも》1月1日の早朝に行われる皇室祭祀(さいし)。天皇が清涼殿の東庭に出て、属星(ぞくしょう)・天地四方・山陵を拝し、五穀豊穣・天下太平を祈る。明治以降は神嘉殿で、皇大神宮豊受大神宮・四方の神々を拝することに改められた。 新年》「―果ててや木々に風渡る/鳴雪
  1. しほうはっぽう【四方八方】
    • あらゆる方面。「うわさが―に広がる」
  1. しほうびき【四方引き】
  1. しほうべに【四方紅】
    • 鏡餅をのせる色紙で、四方を紅で縁取ったもの。天地四方を拝して災いを払い、一年の繁栄を祈願するものとされる。
    • [補説]ない場合は、奉書紙で代用する。
  • し‐ほう〔‐ハウ〕【四方】の例文

    出典:青空文庫

    • 四方を憚って笑い声を立てなかったのである。

      芥川竜之介「煙管」

    • ・・・ 玉蜀黍殻といたどりの茎で囲いをした二間半四方ほどの小屋が、前のめりにかしいで、海月のような低い勾配の小山の半腹に立っていた。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・もしこの椅子のようなものの四方に、肘を懸ける所にも、背中で倚り掛かる所にも、脚の所にも白い革紐が垂れていなくって、金属で拵えた首を持たせる物がなくって、乳色の下鋪の上に固定してある硝子製の脚の尖がなかったなら、これも常の椅子のように見えて、・・・

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」