• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

シャワー【shower】 の意味

  1. じょうろ状の噴出口から湯や水を注ぎかける装置。また、その湯や水。 夏》
  1. 高エネルギーの粒子が物質層に入射してその原子と衝突、次々と二次粒子を発生させる現象。

シャワー【shower】の慣用句

  1. シャワーカーテン
    • (和)shower+curtain》シャワー使用時の水の飛散を防ぐために、浴槽やバスルームに吊り下げる防水カーテン。
  1. シャワークライム
    • (和)shower+climb》川の源流にさかのぼる沢登り。
  1. シャワーこうか【シャワー効果】
    • デパートで、上階の施設を充実させ、店舗全体の売り上げ増加につなげる販売方法。屋上に人気の高いガーデニングショップを配置する、最上階のレストラン街を充実させる、バーゲン会場を上階に配置するなどで、上から下への客の流れをつくり、ついで買いをねらうもの。→噴水効果
  1. シャワージェル【shower gel】
    • 浴用液体石鹸。ボディーシャンプー。ボディージェル。
  1. シャワーチェア【shower chair】
    • 浴室で使用するいす。特に、介護を必要とする人が、シャワーを浴びる際に安定した姿勢を保てるようにつくられたものをいう。
  1. シャワートイレ
    • (和)shower+toiletから》紙でふくかわりに、温水シャワーで洗って、温風で乾かす方式の便器。
  1. シャワープルーフ【showerproof】
  1. シャワーフレア【shower flare】
    • カメラなどの光学機器で、明るい光源から、あたかもシャワーが降り注ぐように帯状の光が映像面に重なる現象。画像を不鮮明にする要因となるが、映像表現の一つとして利用されることもある。
  1. シャワールーム【shower room】
    • シャワーを浴びるための部屋。
  • シャワー【shower】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 最新式の設備でシャワーがある。

      宮本百合子「モスクワ日記から」