• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しゅう‐ぎょう〔‐ゲフ〕【終業】 の意味

  1. [名](スル)
  1. その日の業務を終えること。仕事が終わりになること。「会社は五時半で終業する」⇔始業
  1. 学校で1学期、または1学年の授業を終えること。「終業式」⇔始業

しゅう‐ぎょう〔‐ゲフ〕【終業】の慣用句

  1. しゅうぎょうしき【終業式】
    • 学校などで、毎学期の授業を終えた際に行う式。
  • しゅう‐ぎょう〔‐ゲフ〕【終業】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・門はまだ閉まっているし、時計台の針は終業の五時に少し間がある。

      徳永直「白い道」

    • ・・・コンクリがすんで終業時間になった。

      葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」

    • ・・・この時丁度、向うで終業のベルが鳴りましたので、先生は、「今日はここまでにして置きます。

      宮沢賢治「茨海小学校」