• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しゅう‐まつ〔シウ‐〕【週末】 の意味

  1. 1週間の終わりころ。金・土曜から日曜日にかけてのころ。ウイークエンド。

しゅう‐まつ〔シウ‐〕【週末】の慣用句

  1. しゅうまつきぎょう【週末起業】
    • 週末や退勤後の空いた時間を利用して、自分の望む事業を始めること。インターネット利用の事業が多い。
  1. しゅうまつこん【週末婚】
  • しゅう‐まつ〔シウ‐〕【週末】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・日常劇務に忙殺される社会人が、週末の休暇にすべてを忘却して高山に登る心の自由は風流である。

      寺田寅彦「俳句の精神」

    • ・・・六月一日長子が週末で帰省したときに、自分はもう永くはないが、ただ一つ二つ仕上げておきたいことがあると云った。

      寺田寅彦「レーリー卿(Lord Rayleigh)」

    • 週末休に自用車をとばしてどっか田舎のクラブか、別荘か、公園か、とにかく彼の週給額を半径となし得るだけ遠くロンドンから飛び去る。

      宮本百合子「ロンドン一九二九年」