• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じゅう‐もん〔ジフ‐〕【十文】 の意味

  1. 1文の10倍。
  1. 江戸時代、上方で、街頭に立つ最下級の娼婦の値段。また、その娼婦。惣嫁 (そうか) 。十文色 (じゅうもんいろ) 。
    • 「定まりの―にて、各別のほり出しあり」〈浮・一代女・六〉

じゅう‐もん〔ジフ‐〕【十文】の慣用句

  1. じゅうもんいろ【十文色】
    • 十文2」に同じ。
      「―も出て来るは、南無三宝日が暮れると」〈浄・冥途の飛脚
  1. じゅうもんせん【十文銭】
    • 宝永5年(1708)に発行された宝永通宝のこと。1枚で10文に通用した。大銭。当十文。
  1. じゅうもんもり【十文盛り】
    • 盛り切り10文の一膳飯(いちぜんめし)、または酒。
      「―を買ひましたが」〈伎・壬生大念仏〉