• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

い‐ぐち〔ゐ‐〕【×猪口】 の意味

  1. イグチ科のキノコの総称。ヌメリイグチ・チチアワタケ・ハナイグチなどがあり、傘は肉質のまんじゅう形で、裏面にひだはなく、小さな穴がたくさんある。食用になるものが多い。
  • い‐ぐち〔ゐ‐〕【×猪口】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・勿論下戸の風中や保吉は二つと猪口は重ねなかった。

      芥川竜之介「魚河岸」

    • ・・・ 牧野は太い腕を伸ばして、田宮へ猪口をさしつけた。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・と云う声と、猪口の糸底ほどの唇を、反らせて見せるらしいけはいがした。

      芥川竜之介「田端日記」