• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょう〔シヤウ〕【×醤】 の意味

  1. 麦・こうじ・豆・米などをねかせてから、塩をまぜて作った調味料ないし嘗物 (なめもの) 。味噌・醤油の原体。ひしお。
  • しょう〔シヤウ〕【×醤】の例文

    出典:青空文庫

    •  京一が油醸造場へ働きにやられたのは、十六の暮れだった。

      黒島伝治「まかないの棒」

    • ・・・それからまた岱水では「のかびをかき分けて」というのと、巻はちがうが「月もわびしき油の粕」というのがある。

      寺田寅彦「連句雑俎」