• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょう‐エネ〔シヤウ‐〕【省エネ】 の意味

  1. 省エネルギー」の略。

しょう‐エネ〔シヤウ‐〕【省エネ】の慣用句

  1. しょうエネじゅうたく【省エネ住宅】
  1. しょうエネじゅうたくポイント【省エネ住宅ポイント】
  1. しょうエネほう【省エネ法】
    • 《「エネルギーの使用の合理化に関する法律」の通称》燃料資源を有効に利用するため、工場・事業場などにおけるエネルギー使用の合理化を目的として定められた法律。昭和40~50年代のオイルショックを契機として昭和54年(1979)に施行された。平成20年(2008)の改正により、それまで工場・事業場ごとに行っていたエネルギー管理を企業全体で行うことが義務付けられた。省エネルギー法。
    • [補説]平成21年(2009)4月から1年間のエネルギー使用量(原油換算値)が、企業全体(本社・支店・工場・営業所など)で合計1500キロリットル以上となる企業は、管轄の地方経済産業局へ届け出て特定事業者または特定連鎖化事業者の指定を受ける必要がある。特定事業者・特定連鎖化事業者に指定された企業は、エネルギー管理統括者およびエネルギー管理企画推進者を各1名選任し、企業全体のエネルギー管理体制を推進することが義務づけられる。
  1. しょうエネラベル【省エネラベル】
    • エネルギー消費機器の省エネ性能を表示するラベル。ECCJ(省エネルギーセンター)が情報を提供。平成12年(2000)8月にJIS規格として導入された。ラベルには国の目標値を達成しているかどうか、省エネ基準の達成率、達成目標年度、エネルギー消費効率などの情報が記載されている。省エネ型製品の普及・促進を目的とし、エアコン・テレビ・冷蔵庫・パソコンなど18品目に表示されている。→統一省エネラベル
  1. しょうエネルック【省エネルック】
    • 第二次オイルショック(昭和54年)の影響を受け、省エネルギーのために提唱された夏用の紳士服。ジャケットを半袖にしたスーツなどを大平首相らが着用し、政府主導で進められたが、定着しなかった。→オイルショッククールビズ