• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょう‐か〔‐クワ〕【昇華】

  1. [名](スル)
  1. 固体が、液体を経ないで直接気体になること。また、気体が直接固体になること。樟脳 (しょうのう) ナフタリンドライアイスなどでみられる。
  1. 物事が一段上の状態に高められること。「作品への執念が芸術に―される」
  1. 精神分析の用語。性的エネルギーが、性目的とは異なる学問・芸術・宗教などの活動に置換されること。
  1. しょうかあつ【昇華圧】
    • 一定温度で昇華する固体と平衡状態にある蒸気の圧力。→蒸気圧
  1. しょうかがたプリンター【昇華型プリンター】
    • dye sublimation printerインクリボンに熱を加えて染料を昇華し、用紙に付着させる熱転写プリンターの一。微妙な階調を表現できるため、写真の印刷などに用いられる。
  1. しょうかねつ【昇華熱】
    • 物質が昇華するときに吸収または放出する熱量

「しょう‐か〔‐クワ〕【昇華】」の前の言葉

「しょう‐か〔‐クワ〕【昇華】」の後の言葉