• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じょう‐ぎょう〔ジヤウギヤウ〕【常行】 の意味

  1. ふだんの行い。
  1. 仏語。怠りなく、常に修行をすること。

じょう‐ぎょう〔ジヤウギヤウ〕【常行】の慣用句

  1. じょうぎょうざんまい【常行三昧】
    • 天台宗で、四種三昧の一。90日間を1期とし、堂内に安置された阿弥陀仏のまわりを常に歩行し、その仏名を唱え、心に仏を念ずる行法。般舟三昧。仏立三昧。
  1. じょうぎょうどう【常行堂】
    • 常行三昧(ざんまい)を修する堂。阿弥陀堂。常行三昧堂。