• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょうど の意味

  1. 《「せんど(先途)」の変化した語か。その場合、歴史的仮名遣いは「せうど」》目的とする所。目当て。
    • 「常闇 (とこやみ) に何の―は見えねども」〈浄・大経師
  1. 正体。とらえ所。
    • 「どうせ味噌べったり焼き生姜 (しゃうが) といふ男だから、―はなしさ」〈滑・膝栗毛・三〉