• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じょう‐みとり〔ヂヤウ‐〕【定見取】 の意味

  1. 江戸時代、開墾・埋め立てなどに多額の費用を要した田畑に、年々の豊凶による増減のない、軽い年貢を永久に課したこと。