• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょう‐らい〔シヤウ‐〕【将来】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 《将 (まさ) に来 (きた) らんとする時の意》これから先。未来。前途。副詞的にも用いる。「―の日本」「―を期待する」「―のある若者」「―医者になりたい」
  1. 引き連れてくること。特に、外国など他の土地から持ってくること。「中国から―した書物」
  1. ある状態や結果を招くこと。招来。「物価の値上がりを―する」
  1. [アクセント]1ショーライ、23はショーライ
  1. [用法]将来・[用法]未来――「将来(未来)への夢」「明るい将来(未来)」のように、現在よりあとのことについていう場合には共通して用いられる。◇「私は将来、弁護士になりたい」に「未来」は使わない。また、「二〇〇年後の未来を空想する」に「将来」は使いにくい。10年後ぐらいならば「将来」と言うほうが普通。「未来」は「将来」よりも非現実的な遠い先という感じが強い。◇「近い将来」とは言うが、「近い未来」とはあまり言わない。「近未来」は新造語。◇類似の語に「今後」がある。「今後」は先のことを言うより、「今後の課題」「今後気をつけます」のように「今から」という意である。「今後しっかり勉強して大学に入りたい」の「今後」は大学に入ることでなく、勉強することにかかっている。

しょう‐らい〔シヤウ‐〕【将来】の慣用句

  1. しょうらいこう【将来効】
    • 法律や法律要件の効力が、ある時点から将来に向かって及ぶこと。⇔遡及効
  1. しょうらいこうはんけつ【将来効判決】
    • 判決を言い渡した後、一定の期間が経過した後にその効力を発生させる、判決の方法。
  1. しょうらいすいけい【将来推計】
    • 将来に予想される変化・影響・効果などを定量的に試算すること。「社会保障費用の―」
  1. しょうらいすいけいじんこう【将来推計人口】
  1. しょうらいせい【将来性】
    • 将来、発展・成功するであろうという見込み。「―のある事業」「―を買われる」
  • しょう‐らい〔シヤウ‐〕【将来】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・すると王城を忍び出た後、ほっと一息ついたものは実際将来の釈迦無二仏だったか、それとも彼の妻の耶輸陀羅だったか、容易に断定は出来ないかも知れない。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • ・・・が、将来にあこがれるよりもむしろ現在に安住しよう。

      芥川竜之介「少年」

    • ・・・父がこうして北海道の山の中に大きな農場を持とうと思い立ったのも、つまり彼の将来を思ってのことだということもよく知っていた。

      有島武郎「親子」