• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐とう〔‐タウ〕【哀悼】 の意味

  1. [名](スル)人の死を悲しみ悼むこと。「―の意を表する」「友の夭折を―する」
  • あい‐とう〔‐タウ〕【哀悼】の例文

    出典:青空文庫

    • 清廉潔白百年稀に見る君子人として世を挙げて哀悼された。

      内田魯庵「三十年前の島田沼南」

    • ・・・ 一昨年の夏、ロシアより帰国の途中物故した長谷川二葉亭を、朝野こぞって哀悼したころであった。

      幸徳秋水「死刑の前」

    • ・・・ 一昨年の夏、露国より帰航の途中で物故した長谷川二葉亭を、朝野挙って哀悼した所であった、杉村楚人冠は私に戯れて、「君も先年米国への往きか帰りかに船の中ででも死んだら偉いもんだったがなア」と言った。

      幸徳秋水「死生」