• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょ‐しゅん【初春】 の意味

  1. 春の初め。はつはる。 春》「枯枝に初春の雨の玉円 (まど) か/虚子
  1. 陰暦正月の異称。孟春 (もうしゅん) 。
  • しょ‐しゅん【初春】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・よい初春が来るよう。

      太宰治「虚構の春」

    • ・・・そういう考えから、素人の道楽半分に少しばかり調べてみた結果をこの昭和三年の初春のにぎわいまでに書いてみる。

      寺田寅彦「日本楽器の名称」

    • ・・・無論その間ぎわの数日の気温の高低はかなりの影響をもつには相違ないが、それにしてもこの現象を決定する因子はその瞬間の気象要素のみではなくて、遠くさかのぼれば長い冬の間から初春へかけて、一見活動の中止しているように見える植物の内部に行なわれてい・・・

      寺田寅彦「春六題」