• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しらみ‐ぼん【×虱本】 の意味

  1. 《細字で、字体がシラミのように見えるところから》江戸前期、明暦(1655~1658)から天和(1681~1684)ごろに京坂で出版された絵入り浄瑠璃本