• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しん【侵】 の意味

  1. 常用漢字] [音]シン(呉)(漢) [訓]おかす
  1. 他人の領分に無断で入り込む。おかす。「侵害侵攻侵入侵犯侵略不可侵
  • しん【侵】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・禽も啼かざる山間の物静かなるが中なれば、その声谿に応え雲に響きて岩にもみ入らんばかりなりしが、この音の知らせにそれと心得てなるべし、筒袖の単衣着て藁草履穿きたる農民の婦とおぼしきが、鎌を手にせしまま那処よりか知らず我らが前に現れ出でければ・・・

      幸田露伴「知々夫紀行」

    • ・・・ 衰えは春野焼く火と小さき胸をかして、愁は衣に堪えぬ玉骨を寸々に削る。

      夏目漱石「薤露行」

    • ・・・ 支那と云えば明治の始めから私達日本の人民は何時もなんとなしにおとった人民の様に思いこまされて居って、日清、日露そして第二次世界大戦に於ての中国全土にわたる日本軍のリャクを大して人道的に罪だとも思わせられない様になっていました。

      宮本百合子「今年こそは」