• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じん‐けい【仁恵】 の意味

  1. 思いやりの心と、恵み。
  • じん‐けい【仁恵】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・と降参人ながらいろいろな条件を提出する、仁恵なる監督官は余が衷情を憐んで「クラパム・コンモン」の傍人跡あまり繁からざる大道の横手馬乗場へと余を拉し去る、しかして後「さあここで乗って見たまえ」という、いよいよ降参人の降参人たる本領を発揮せざる・・・

      夏目漱石「自転車日記」

    • ・・・しかのみならず、この法外の輩が、たがいにその貧困を救助して仁恵を施し、その盗みたる銭物を分つに公平の義を主とし、その先輩の巨魁に仕えて礼をつくし、窃盗を働くに智術をきわめ、会同・離散の時刻に約を違えざる等、その局処についてこれをみれば、仁義・・・

      福沢諭吉「教育の目的」

    • ・・・勇気、仁恵、礼譲、真誠、忠義、克己、これすべてこの執着の現象である。

      和辻哲郎「霊的本能主義」