• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しん‐ごん【真言】 の意味

  1. (梵)mantraの訳》いつわりのない真実の言葉。密教で、仏・菩薩 (ぼさつ) などの真実の言葉、また、その働きを表す秘密の言葉をいう。明 (みょう) ・陀羅尼 (だらに) ・呪 (じゅ) などともいう。
  1. 真言宗」の略。

しん‐ごん【真言】の慣用句

  1. しんごんさんぶきょう【真言三部経】
  1. しんごんし【真言師】
    • 密教の法によって、加持祈祷(かじきとう)をする僧。
  1. しんごんしかん【真言止観】
    • 真言密教の行法(ぎょうほう)と、天台顕教の観法。真言密教と天台顕教。
  1. しんごんしちそ【真言七祖】
    • 真言宗で崇拝される七人の祖師。大日如来・金剛薩埵(こんごうさった)・竜猛(りゅうみょう)・竜智・金剛智・不空・恵果(けいか)。または、竜猛・竜智・金剛智・不空・善無畏(ぜんむい)・一行・恵果。
  1. しんごんしゅう【真言宗】
  1. しんごんしんとう【真言神道】
    • 真言密教の教義に組み入れて解釈した神道。天照大神(あまてらすおおみかみ)は胎蔵界大日如来であり、豊受大神は金剛界大日如来であるとする。→両部(りょうぶ)神道
  1. しんごんだらに【真言陀羅尼】
    • 密教の、短い呪文(じゅもん)の真言と、長い呪文の陀羅尼。
  1. しんごんだらにしゅう【真言陀羅尼宗】
  1. しんごんはっそ【真言八祖】
    • 真言宗で崇拝される八人の祖師。大日如来以下の真言七祖に空海を加えた付法の八祖と、竜猛(りゅうみょう)以下の真言七祖に空海を加えた伝持の八祖とがある。
  1. しんごんひみつ【真言秘密】
    • 真言密教の秘密の法門。真言陀羅尼(だらに)の秘密。
  1. しんごんみっきょう【真言密教】
  1. しんごんみょうてん【真言妙典】
  1. しんごんりっしゅう【真言律宗】
  1. しんごんりょうぶ【真言両部】
  • しん‐ごん【真言】の例文

    出典:青空文庫

    •  八宗の中にも真言宗には、秘密の法だの、九字を切るだのと申しまして、不思議なことをするのでありますが、もっともこの宗門の出家方は、始め・・・

      泉鏡花「湯女の魂」

    • ・・・当時の仏教は倶舎、律、真言、法相、三論、華厳、浄土、禅等と、八宗、九宗に分裂して各々自宗を最勝でありと自賛して、互いに相排擠していた。

      倉田百三「学生と先哲」

    • ・・・忍術というのは明治になっては魔法妖術という意味に用いられたが、これは戦乱の世に敵状を知るべく潜入密偵するの術で、少しは印を結び咒を持する真言宗様の事をも用いたにもせよ、兵家の事であるのがその本来である。

      幸田露伴「魔法修行者」