• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しん‐し【真摯】 の意味

  1. [名・形動]まじめで熱心なこと。また、そのさま。「真摯な態度」「真摯に取り組む」
  1. [派生]しんしさ[名]
  • しん‐し【真摯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ こうした涙ぐましい、謙譲にして真摯の芸術こそ、今日のような虚偽と冷酷と圧迫と犠牲とを何とも思っていない時代によって、まさしく正しい人々の胸に革新の火を燃やさずには措かないのである。

      小川未明「民衆芸術の精神」

    • ・・・孤行高しとすることこそ、芸術家の面目でなければならぬ、衆俗に妥協し、資本力の前に膝を屈した徒の如きは、表面いかに、真摯を装うことありとも、冷徹たる批評眼の前に、真相を曝らし、虚飾を剥がれずには置かれぬだろう。

      小川未明「ラスキンの言葉」

    • ・・・それ故に倫理学の研究は単に必要であるというだけでなく、真摯な人間である以上、境遇が許す限りは研究せずにはいられないはずの学問なのである。

      倉田百三「学生と教養」