• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しん‐そく【神速】 の意味

  1. [名・形動]人間わざとは思えないくらい速いこと。また、そのさま。「神速果敢」
  • しん‐そく【神速】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ ことのここに及べるまで、医学士の挙動脱兎のごとく神速にしていささか間なく、伯爵夫人の胸を割くや、一同はもとよりかの医博士に到るまで、言を挟むべき寸隙とてもなかりしなるが、ここにおいてか、わななくあり、面を蔽うあり、背向になるあり、ある・・・

      泉鏡花「外科室」

    • ・・・その花々しい神速なる行動は真に政治小説中の快心の一節で、当時の学堂居士の人気は伊公の悪辣なるクーデター劇の花形役者として満都の若い血を沸かさしたもんだ。

      内田魯庵「四十年前」

    • ・・・「兵は神速」だ。

      川上眉山「書記官」