• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ず〔ヅ〕【図】 の意味

  1. 物の形や状態を描いたもの。絵図・地図・図面など。「掛け図」「見取り図」
  1. 点・線・面が集まって一つの形を構成しているもの。図形。
  1. 物事のようす。状態。「見られた図ではない」
  1. 考えどおり。思うつぼ。
    • 「謀 (はかりごと) の―を外させ」〈浄・矢口渡
  1. くふう。計画。
    • 「何にてもあたらしい思ひつき、今迄ない―を案ずるに」〈浮・敗毒散・一〉
  1. 十二律の各音階の正しい調子を書き表したもの。
    • 「当寺の楽は、よく―を調べ合はせて」〈徒然・二二〇〉

ず〔ヅ〕【図】の慣用句

  1. 図がない
    • 途方もない。とんでもない。法外である。
      「あんまり図のない取り合ひで、おりゃ世間へ顔が出されぬ」〈浄・桂川連理柵
  1. 図に当たる
    • 思ったとおりに事が進む。思うつぼにはまる。「新企画が―・る」
  1. 図に乗る
    • いい気になって勢いづく。調子に乗る。つけあがる。「少しでもほめるとすぐ―・る」
  • ず〔ヅ〕【図】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そこで、娘はそれを観音様の御告だと、一に思いこんでしまいましたげな。

      芥川竜之介「運」

    • ・・・愚している場合じゃない――そんな事もはっきり感じられた。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    •  不、鳥の鳴音がする。

      泉鏡花「海の使者」