• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

すい‐たい【××黛】 の意味

  1. 青っぽい色のまゆずみ。また、美人のまゆ。
  1. 緑にかすんで見える山の色。
  • すい‐たい【××黛】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・山は高房山の横点を重ねた、新雨を経たような翠黛ですが、それがまたしゅを点じた、所々の叢林の紅葉と映発している美しさは、ほとんど何と形容して好いか、言葉の着けようさえありません。

      芥川竜之介「秋山図」

    • ・・・ 秋風嫋々と翼を撫で、洞庭の烟波眼下にあり、はるかに望めば岳陽の甍、灼爛と落日に燃え、さらに眼を転ずれば、君山、玉鏡に可憐一点の翠黛を描いて湘君の俤をしのばしめ、黒衣の新夫婦は唖々と鳴きかわして先になり後になり憂えず惑わず懼れず心のまま・・・

      太宰治「竹青」

    • ・・・ 〔年年 秋の月と春の花と行楽何知鬢欲レ華   行楽して何ぞ知らん鬢華らんと欲するを隔レ水唯開川口店   水を隔てて唯だ開く川口の店背レ空鎖葛西家   を背にして空しく鎖す葛西の家紅裙翠黛人終老    紅裙翠黛 人は終に老い・・・

      永井荷風「向嶋」