• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ずい‐まく【髄膜】 の意味

  1. 脊髄 (せきずい) を包む膜の総称。内側から軟膜クモ膜硬膜の3層をなす。脳脊髄膜。

ずい‐まく【髄膜】の慣用句

  1. ずいまくえん【髄膜炎】
    • 髄膜の炎症。高熱・頭痛・嘔吐(おうと)痙攣(けいれん)意識障害などの症状がみられ、死亡率が高く、治癒しても障害が残ることがある。細菌性・ウイルス性のもののほか、流行性髄膜炎がある。脳膜炎。脳脊髄膜炎。
  1. ずいまくえんきんせいずいまくえん【髄膜炎菌性髄膜炎】
  1. ずいまくしゅ【髄膜腫】
    • 脳腫瘍の一つ。脳を包む硬膜から発生し、脳や神経を圧迫する。