• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

すえ‐の‐まつやま〔すゑ‐〕【末の松山】 の意味

  1. 陸奥 (みちのく) の古地名。岩手県二戸 (にのへ) 郡一戸 (いちのへ) 町にある浪打峠とも、宮城県多賀城市八幡の末の松山八幡宮付近ともいわれる。[歌枕]
    • 「きみをおきてあだし心をわがもたば―浪もこえなむ」〈古今・東歌〉