• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐の‐て〔あひ‐〕【合(い)の手/相の手/間の手】

  1. 邦楽で、歌と歌の間に、三味線などの伴奏楽器だけで演奏する部分。
  1. 歌や踊りの調子に合わせて入れる手拍子囃子詞 (はやしことば) 
  1. 相手の動作や話の合間に挟む別の動作や言葉。「―を入れる」
  1. [補説]「相槌を打つ」と混同して、「合いの手を打つ」とするのは誤り。

「あい‐の‐て〔あひ‐〕【合(い)の手/相の手/間の手】」の前の言葉

「あい‐の‐て〔あひ‐〕【合(い)の手/相の手/間の手】」の後の言葉