• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ずく〔づく〕【木菟】 の意味

  1. ミミズクの別名。 冬》
  • ずく〔づく〕【木菟】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 巣から落ちた木菟の雛ッ子のような小僧に対して、一種の大なる化鳥である。

      泉鏡花「絵本の春」

    • 」 木菟の女性である。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」

    • ・・・果してしからば、我が可懐しき明神の山の木菟のごとく、その耳を光らし、その眼を丸くして、本朝の鬼のために、形を蔽う影の霧を払って鳴かざるべからず。

      泉鏡花「遠野の奇聞」