• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

すた‐すた の意味

  1. [副]
  1. わき目もふらず足早に歩くさま。「振り向きもせずすたすた(と)行ってしまった」
  1. せわしく息をするさま。はあはあ。
    • 「跡を慕うて勘六が息も―」〈浄・歌祭文

すた‐すたの慣用句

  1. すたすたぼうず【すたすた坊主】
    • 江戸時代、寒中に裸で縄の鉢巻きをし、腰に注連縄(しめなわ)を巻き、扇や錫杖(しゃくじょう)などを持って歌い踊り、物乞(ものご)いをしたこじき僧。上方で、誓文払いに商人の代参をした願人(がんにん)坊主に始まるという。すたすた坊。
  • すた‐すたの例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そこへ彼も潮に濡れたなり、すたすた板子を引きずって来た。

      芥川竜之介「海のほとり」

    • ・・・彼れはすたすたと佐藤の小屋に出かけた。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・と同時に、自分でもどうすることもできない力に引っ張られて、すたすたと逃げるように行手の道に歩きだした。

      有島武郎「卑怯者」