• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

スパーク【SPARC】 の意味

  1. scalable processor architecture》米国の旧サン‐マイクロシステムズ(現オラクル)社が開発したRISC (リスク) マイクロプロセッサーのシリーズ名。
  • スパーク【SPARC】の例文

    出典:青空文庫

    • 「僕は、本月本日を以て目出たく死去仕候」という死亡の自家広告を出したのは斎藤緑雨が一生のお別れの皮肉というよりも江戸ッ子作者の最後のシャレの吐きじまいをしたので、化政度戯作文学のラスト・スパークである。

      内田魯庵「斎藤緑雨」

    • ・・・――燈火を赤く反映している夜空も、そのなかにときどき写る青いスパークも。

      梶井基次郎「器楽的幻覚」

    • ・・・また大地震で家がつぶれ、道路が裂けて水道が噴出したり、切断した電線が盛んにショートしてスパークするという見ていて非常に危険な光景を映し出して、その中で電話工夫を活躍させている。

      寺田寅彦「映画雑感(4[#「4」はローマ数字、1-13-24])」

  • スパーク【SPARC】のカテゴリ