• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せい‐しゅん【青春】 の意味

  1. 《五行説で青は春の色であるところから》
  1. 夢や希望に満ち活力のみなぎる若い時代を、人生の春にたとえたもの。青年時代。「―を謳歌 (おうか) する」「―時代」
  1. 春。陽春。
  1. [補説] 
    2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「青春」への投稿から選ばれた優秀作品。

    ◆前から見ると無色透明だが、振り返って後ろから見ると青くまぶしいもの。
    トモタロウさんの作品

    ◆成人が後悔し、中年が懐かしみ、老人が忘れるもの。
    TEN-ATさんの作品

    ◆大人じゃないのに子供でもない自分に葛藤する年頃。
    チラミンさんの作品

    ◆実はそんな大したことはなかったのに、「あの時は良かった」と美化される思い出。
    まここしゃんさんの作品

    ◆お金や化粧、車などに頼ることのできない、男が男として女が女として試される時期。
    hiroさんの作品

    ◆いきなり始まり、あっという間に終わるが、死ぬまで思い出して楽しめる時代。
    たまこさんの作品

    ◆ふと思い出すと急に恥ずかしくなり、枕に顔を伏せて大声をあげたくなるような言動をしていた時期。
    ジンハヤさんの作品

    ◆熱中できる物事に取り組んでいるとき、仲間と喜怒哀楽を感じられる時間を共に過ごしているとき、年齢は関係ない。
    つまじさんの作品

    ◆後から振り返るとなんでもないようなことに対して悩んだり苦しんだりする中で、自分のあり方を見つめていく期間。
    萩原啓規さんの作品

    ◆大人が無駄と判断しお金をかけて回避できる物事を、時間をかけてやり遂げようとする時期。
    あかねさんの作品

    ◆人生に於ける夏の思い出。眩しすぎる日射しと、濃ゆい日影。海の青さと、灼熱のけだるさ。スイカの瑞々 (みずみず) しさや、線香花火の儚 (はかな) さ。それらに例えられるような人生の経験や、その時期のこと。
    キシモトチエさんの作品

    作品名別項→青春

せい‐しゅん【青春】の慣用句

  1. せいしゅんき【青春期】
  1. せいしゅんじゅうはちきっぷ【青春十八きっぷ】
    • JRグループが発行する特別乗車券の一。一日に限り、普通・快速列車が乗り放題となるもの。JRの前身である日本国有鉄道が昭和57年(1982)「青春十八のびのびきっぷ」として販売開始、翌年より現名称。
    • [補説]名称に十八とあるが年齢制限はなく、春・夏・冬の年3回、利用期間を限定して販売される。
  • せい‐しゅん【青春】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・寺院の北側をロッカ・マジョーレの方に登る阪を、一つの集団となってよろけながら、十五、六人の華車な青年が、声をかぎりに青春を讃美する歌をうたって行くのだった。

      有島武郎「クララの出家」

    • ・・・私の今日まで歩いてきた路は、ちょうど手に持っている蝋燭の蝋のみるみる減っていくように、生活というものの威力のために自分の「青春」の日一日に減らされてきた路筋である。

      石川啄木「弓町より」

    • ・・・幸か不幸か知らぬが終に半生を文壇の寄客となって過ごしたのは当時の青春の憧憬に発途しておる。

      内田魯庵「四十年前」