• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せい‐そう〔‐サウ〕【正装】 の意味

  1. [名](スル)儀式などに出るための正式の装い。また、その装いをすること。
  • せい‐そう〔‐サウ〕【正装】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ちょっと近所の友人の家を訪れる時にも、かならず第一の正装をするのだ。

      太宰治「新郎」

    • ・・・ずいぶん永いこと眠り、やがて熟し切った無花果が自然にぽたりと枝から離れて落ちるように、眠り足りてぽっかり眼を醒ましましたが、枕もとには、正装し、すっかり元気を恢復した王子が笑って立って居りました。

      太宰治「ろまん燈籠」

    • ・・・君が正装をしているのに私はこんな服でと先生が最前云われた時、正装の二字を痛み入るばかりであったが、なるほど洗い立ての白いものが手と首に着いているのが正装なら、余の方が先生よりもよほど正装であった。

      夏目漱石「ケーベル先生」