• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せいなん‐せんそう〔‐センサウ〕【西南戦争】 の意味

  1. 明治10年(1877)、西郷隆盛らが鹿児島で起こした反乱。征韓論に敗れて帰郷した西郷が、士族組織として私学校を結成。政府との対立がしだいに高まり、ついに私学校生徒らが西郷を擁して挙兵、熊本鎮台を包囲したが、政府軍に鎮圧され、西郷は郷里の城山で自刃した。明治維新政府に対する不平士族の最後の反乱。西南の役。