• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せい‐ろう【青楼】 の意味

  1. 《昔、中国で青漆を塗ったところから》
  1. 高貴な人や美女の住む家。
  1. 遊女屋。妓楼 (ぎろう) 。江戸では特に、官許の吉原遊郭をさした。
  • せい‐ろう【青楼】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・宗右衛門町の青楼と道頓堀の芝居茶屋が、ちょうど川をはさんで、背中を向け合っている。

      織田作之助「アド・バルーン」

    • ・・・な晩であるから、船の者は甲板にいで、家の者は外にいで、海にのぞむ窓はことごとく開かれ、ともし火は風にそよげども水面は油のごとく、笛を吹く者あり、歌う者あり、三味線の音につれて笑いどよめく声は水に臨める青楼より起こるなど、いかにも楽しそうな花・・・

      国木田独歩「少年の悲哀」

    • ・・・揚州十年の痴夢より一覚する時、贏ち得るものは青楼薄倖の名より他には何物もない。

      永井荷風「梅雨晴」