• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せ‐たい【世帯】 の意味

  1. 住居および生計を同じくする者の集まり。所帯。「一―当たりの収入」
  1. 一戸を構えて独立の生計を立てること。また、その生計。「―を持つ」「―道具」
  1. 生活に必要な家屋と家具。財産。身代。
    • 「人の―ほど様々に替はる物は御座なく候」〈浮・文反古・二〉

せ‐たい【世帯】の慣用句

  1. 世帯仏法腹念仏
    • 仏法も念仏も、要するに現世の生活のためのものにほかならないの意。
      「―、口に食ふが一大事」〈浄・今宮の心中
  1. 世帯を破る
    • 夫婦別れをする。
      「世帯破る時分、暇(いとま)の状は取っておく」〈浮・五人女・一〉
  1. せたいぐすり【世帯薬】
    • 世帯を営むのに役に立つこと。
      「とかく年の行きたるが―とぞんじ」〈浮・文反古・二〉
  1. せたいこうせいしきん【世帯更生資金】
    • 都道府県社会福祉協議会が低所得世帯・身体障害者世帯に対し、低利または無利子で貸し付けている資金。昭和30年(1955)創設。
  1. せたいしちょうりつ【世帯視聴率】
    • テレビのある番組が、一定の地域内のどれだけの世帯で見られたかを示す割合。また、テレビ所有世帯のうち、どのくらいの世帯がテレビを見ていたかを示す割合。ふつう視聴率という場合はこの数値をさす。世帯視聴率の最小単位は毎分視聴率で、これをもとに番組視聴率や時間帯視聴率などが集計される。→個人視聴率エッチ‐ユー‐ティー(HUT)
    • [補説]視聴率調査はテレビ局や広告会社などで共通のデータが必要なことから導入された。日本では第三者機関である株式会社ビデオリサーチが昭和37年(1962)から実施している。近年、インターネットや携帯電話、ゲーム機器の普及に伴ってテレビ離れが進み、視聴率が低下する傾向がみられる。
  1. せたいぬし【世帯主】
    • 世帯の中心となる人。
  1. せたいぶっぽう【世帯仏法】
  1. せたいもち【世帯持(ち)】
    • 一家を構えて独立の生計を立てること。また、その人。所帯持ち。
    • 世帯を維持していくこと。「―のじょうずな主婦」
  • せ‐たい【世帯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・して、添乳の衣紋も繕わず、姉さんかぶりを軽くして、襷がけの二の腕あたり、日ざしに惜気なけれども、都育ちの白やかに、紅絹の切をぴたぴたと、指を反らした手の捌き、波の音のしらべに連れて、琴の糸を辿るよう、世帯染みたがなお優しい。

      泉鏡花「海異記」

    • ・・・……「失礼だが、世帯の足になりますか。

      泉鏡花「小春の狐」

    •  世帯を片づけついでに、古い箪笥の一棹も工面をするからどち・・・

      泉鏡花「政談十二社」