• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せつな【刹那】 の意味

  1. (梵)kṣaṇaの音写》
  1. 仏語。時間の最小単位。1回指を弾く間に60あるいは65の刹那があるとされる。
  1. きわめて短い時間。瞬間。「刹那の快楽に酔う」「衝突した刹那に気を失う」「刹那的な生き方」

せつな【刹那】の慣用句

  1. せつなしゅぎ【刹那主義】
    • 過去や将来のことを考えないで、ただ現在の瞬間を充実させて生きればよいとする考え方。また、一時的な快楽を求めようとする考え方。「―の若者」
  1. せつなてき【刹那的】
    • [形動]
    • 時間が極めて短いさま。
    • あと先を考えず、今この瞬間だけを充実させて生きようとするさま。特に、一時的な享楽にふけるさま。「―な生き方」
  • せつな【刹那】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ ちょうどその刹那だった。

      芥川竜之介「お時儀」

    • ・・・それが刹那の間ながら、慎太郎の心を明くした。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    • ・・・ 大きな天と地との間に一人の母と一人の子とがその刹那に忽如として現われ出たのだ。

      有島武郎「小さき者へ」