• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いちど‐に【一度に】 の意味

  1. [副]物事が同時に行われるさま。いちじに。いちどきに。「―入れるのは無理だ」「―花が咲く」
  • いちど‐に【一度に】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・スウィッチを入れると数十の電燈が一度にともると同じように、この植物のどこかに不思議なスウィッチがあって、それが光のかげんで自働的に作用して一度に花を開かせるのではないかと思われるようである。

      寺田寅彦「からすうりの花と蛾」

    • ・・・スウィッチを入れると数十の電燈が一度に灯ると同じように、この植物のどこかに不思議なスウィッチがあって、それが光の加減で自働的に作用して一度に花を開かせるのではないかと思われるようである。

      寺田寅彦「烏瓜の花と蛾」

    • ・・・当時私は私の作物をわるく評したものさえ、自分の担任している文芸欄へ載せたくらいですから、彼らのいわゆる同人なるものが、一度に雪嶺さんに対する評語が気に入らないと云って怒ったのを、驚ろきもしたし、また変にも感じました。

      夏目漱石「私の個人主義」