• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せんにゅう‐かん〔センニフクワン〕【先入観】 の意味

  1. 前もっていだいている固定的な観念。それによって自由な思考が妨げられる場合にいう。先入見。先入主。「先入観にとらわれる」
  • せんにゅう‐かん〔センニフクワン〕【先入観】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 以上の所説は、一見はなはだしく詭弁をろうしたもののように見えるかもしれないが、もし、しばらく従来の先入観をおいて虚心に省察をめぐらすだけの閑暇を享有する読者であらば、この中におのずから多少の真の半面を含むことを承認されるであろうと信ず・・・

      寺田寅彦「科学と文学」

    • ・・・補助的なものという先入観で見られつつ現実にはその収入で一家を支えてゆかなければならない世帯主であるところに、異常な苦しみを負わされているのである。

      宮本百合子「新しい婦人の職場と任務」

    • ・・・ わたしたちは、こんにちこそ、国際的な先入観や偏見から自由に解き放されなければならないときだと思う。

      宮本百合子「あとがき(『宮本百合子選集』第八巻)」