• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐ぶ【愛×撫】 の意味

  1. [名](スル)なでさすっていつくしむこと。「赤ん坊を―する」
  • あい‐ぶ【愛×撫】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・弱者は又道徳に愛撫されるであろう。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • ・・・ソロモンは彼女等を愛撫する時でも、ひそかに彼女等を軽蔑していた。

      芥川竜之介「三つのなぜ」

    • ・・・ちょいと内証で、人に知らせないように遣る、この早業は、しかしながら、礼拝と、愛撫と、謙譲と、しかも自恃をかね、色を沈静にし、目を清澄にして、胸に、一種深き人格を秘したる、珠玉を偲ばせる表顕であった。

      泉鏡花「木の子説法」