• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いちやく‐そう〔‐サウ〕【一薬草】 の意味

  1. イチヤクソウ科の常緑多年草。山野の樹陰に生え、高さ約20センチ。葉は根際につき、長い柄をもち、円形または広楕円形で厚く、裏面は紫色を帯びる。初夏、茎の上部に、梅に似た白い5弁花を開く。葉の液汁は止血・止痛に有効。かがみそう。