• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

そうりん‐じ〔サウリン‐〕【双林寺】 の意味

  1. 京都市東山区にある天台宗の寺。山号は金玉山。延暦24年(805)に最澄が唐から将来した経巻・仏具を納めるために桓武天皇が創建。開山は最澄と伝える。延暦寺建立後はその別院。室町時代、国阿が中興し時宗国阿派の本寺となったが、明治初期に天台宗となる。境内に西行庵・芭蕉庵がある。