• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いち‐りゅう〔‐リフ〕【一粒】 の意味

  1. ひとつぶ。

いち‐りゅう〔‐リフ〕【一粒】の慣用句

  1. いちりゅうまんばい【一粒万倍】
    • 《「報恩経」四から。一粒の種が万倍となって稲穂のように実るという意》
    • わずかなものが非常に大きく成長することのたとえ。また、少しでも粗末にできないという気持ちをも表す。
      「―の成功」〈魯文安愚楽鍋
    • の別名。