• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

そ‐さま【×其様】 の意味

  1. [代]《「そなたさま」の略》二人称の人代名詞。そなた。主として、近世の遊女などが相手を呼ぶのに用いた、親愛・尊敬の気持ちを表す語。
    • 「わしが―を恋ひ病」〈浄・反魂香
  • そ‐さま【×其様】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・と忙しい中で閃と其様な事を疑って見たものだ。

      著:ガールシンフセヴォロド・ミハイロヴィチ 訳:二葉亭四迷「四日間」

    • ・・・「決して其様ことはありません。

      国木田独歩「恋を恋する人」

    • ・・・「いいのよ、其様してお置きなさいよ、源ちゃん最早お寝み、」と客の少女は床なる九歳ばかりの少年を見て座わり乍ら言って、其のにこやかな顔に笑味を湛えた。

      国木田独歩「二少女」