• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐ぼ【愛慕】 の意味

  1. [名](スル)愛して、懐かしみ慕うこと。「愛慕の情」
    • 「英国の風を―し」〈織田訳・花柳春話〉
  • あい‐ぼ【愛慕】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 私は、さま/″\の忘れられた懐しい夢を、もう一度見せてくれる、また心を、不可思議な、奥深い怪奇な、感情の洞穴に魅しくれる、此種の芸術に接するたびに、之を愛慕し、之を尊重視するの念を禁じ得ない。

      小川未明「忘れられたる感情」

    • ・・・その人々の真情に痛みあふれている良人への愛慕や、その愛の故に、自分の毎日は内容があり生き甲斐もあるものとしていかなければならないと思って努力している若い心と肉体とは、未亡人というよび名をきいたときどんなに異様に感じ、気味わるく思うことだろう・・・

      宮本百合子「世界の寡婦」

    • ・・・ 彼女が、どんなに故良人を愛慕しているかと云うことは、些細な言葉の端々にもうかがわれました。

      宮本百合子「ひしがれた女性と語る」