• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐ぼう〔あひ‐〕【相棒】 の意味

  1. 駕籠 (かご) やもっこなどを一緒にかつぐ相手。
  1. 一緒に仕事などをする相手。仲間。パートナー。
  • あい‐ぼう〔あひ‐〕【相棒】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・己れだって粗忽な真似はし無えで、兄弟とか相棒とか云って、皮のひんむける位えにゃ手でも握って、祝福の一つ二つはやってやる所だったんだ。

      有島武郎「かんかん虫」

    • ・・・――相棒の肩も広い、年紀も少し少いのは、早や支度をして、駕籠の荷棒を、えッしと担ぎ、片手に――はじめて視た――絵で知ったほぼ想像のつく大きな蓑虫を提げて出て来たのである。

      泉鏡花「栃の実」

    • ・・・ だが、さて、どんな風に実行に移したものかという段になると、丹造にはからきし智慧もなく、あくまで相棒が要った。

      織田作之助「勧善懲悪」